憧れ

Here and Here

神保慶政

Yoshimasa Jimbo

上映時間 :19.41min

制作年 : 2017

釜山に住む妊娠7ヶ月のライター・ミナ(28)は、つわりがひどくしばらく仕事を休んでいた。やっと仕事に出れるようになったミナは、「釜山に住む人々の最初の記憶」をテーマにした記事を締め切りに間に合わせるため奔走する。そんなミナには、ある悩みがあり……

  

  

予告編


監督のコメント

本作はUnesco Busan Inter-city Film Festivalが主催したレジデンス制作プログラムで、韓国・釜山に3週間滞在し、”Inter-city” (「都市間の」の意)をテーマにオール韓国語、韓国スタッフ・キャストで監督した短編です。釜山という都市の景観を最大限にいかしたロケーションで、ある妊婦が抱える将来への不安と希望を表現しました。

監督の経歴

1986年生まれ。東京都出身。大学卒業後、秘境専門旅行会社勤務を経て、映画監督になる。
2014年公開の長編「僕はもうすぐ十一歳になる。」は劇場公開され、第55回日本映画監督協会新人賞にノミネート。
2016年、第一子の誕生を機に福岡に転居。 福岡と出身地の東京二箇所を拠点に、アピチャッポン・ウィーラセタクン、トラン・アン・ユンらに指導を受けるなど、アジア諸国を中心に海外に活動の幅を広げている。

スタッフ一覧

出演者1:Heo Rynn
出演者2:Heo Minkyung

出演者3:Lee Haesoon

脚本:神保慶政
エグゼクティブプロデューサー:
プロデューサー:Bae Sohyun
制作:Lee Siyeon
撮影監督:Choi Wonwook
録音監督:Kim Donghwan
作曲家:Yasuyuuki Iida